Blogブログ

新情報をチェック。 新しいセミナーやレッスン、スタイリング情報を配信します。 スタッフのブログもチェック。

普通の格好とは?京都ボランティアの会合にて

「普通がいい」ってよく言いますが、

「普通」って何?ですよね笑

 

ファッションにおいては、

「派手でない」「目立たない」「シンプル」「変わっていない」

という感じでしょうか?

 

昨日の私のスタイルも

「普通」だと思うのですが、いかがでしょう?

  ネイビーのトップス(ボンディング素材)

  明るいブラウンのパンツ(コットン&レーヨン)

  ショルダーバッグ(牛革&キャンバス地)

  バックストラップの靴(ヌバック)

  バッグと腕時計の金具、ピアスはゴールド系で明るくしています。

 

ボランティアの集まりだったので

あまり目立ちたくはないけれど

ラフ過ぎるのも良くない。

 

そして、

「自分らしい感じ」であることも大事です。

 

「自分らしい感じ」でなければ、

どこに居ても落ち着かないですから。

「借りて来た猫のよう」になってしまいます。

 

「目立ちたくない」と言っても

一人一人違う人間ですから、

人と同じ格好になるのはおかしいです。

と言うよりも 人と同じ格好になる筈は無いですね。

 

所詮、どこに居ても

自分らしい好きな格好をしている方が親切です。

なぜなら着るものは「名刺」ですから。

 

「私は、こういう者です」と

示しているのが着ている物です。

 

私は、ファッションにおいて大切なことは、

全体を見て「雰囲気を整える」ことだと思っています。

 

雰囲気を整えるというのは、

崩さないできちんと着るというのとは

異なります。

 

自分らしさとは何なのか?

この自分らしい雰囲気を整えるのです。

優しい感じが自分らしいのか?

それとも知的な感じが自分らしいのか?

よく考えるとそんなに単純でもないでしょう。

 

人としての魅力は、

そんなに簡単に言い表わせるものではなくて

一人一人は違う魅力を持っています。

 

しっかりと自分の個性に向き合い、

身に付ける物で自分を潰さないように

自分を生かすように考えたいですね。

 

個別ファッションレッスンでは、

お洒落の基本から応用まで

あなただけのアレンジ、着こなし方を身につけます。

お申込み・お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事