Blogブログ

新情報をチェック。 新しいセミナーやレッスン、スタイリング情報を配信します。 スタッフのブログもチェック。

イメージを知らないとどうなるのか

「イメージを知ることの重要性」についてはいつもお話ししているのですが、

今回は「イメージを知らないとどうなるのか」についてお話ししましょう。

まず、イメージを揃えると全体が「調和」しますが、

「調和」し過ぎて堅苦しい印象になることがあります。

最近は、この堅苦しい感じが敬遠されて「はずす」ことが勧められています。

あえて、イメージを合わせない「MIXコーデ」でこなれた感じが出ます。

ところが、

あえて、ではなく成り行きでそうなってしまったという

「外し」は、混乱を招きます。

コンセプトがしっかりしていないと

統一感がなくて美しくないです。

この間入ったあるカフェでのこと。

そのお店のイメージは、当初アメリカ開拓時代のイメージだったと想像されます。

明るい木目調の椅子に赤いシート、レジ付近に木の長ベンチ、煉瓦のアクセント…です。

そこまでは良かったのですが、

壁にはイタリアンな太陽モチーフの飾り物、かと思えば

可愛いルノアールの少女像が掛けられています。

「ちょっと、ココ落ち着かないね(・・;)」

「何だか、ちょっと気持ち悪い(^^;;)

「あまり、周りを見ない方がいいね」

などと言いながら、 姉と長話をして私たちは

そのコーヒーショップをあとにしました。

インテリアも服も同じです。

イメージも何も気にせずにごちゃごちゃ身につけていると

服を着ている本人も、それを見ている人も

落ち着かないはずです(・・;)

私はごちゃごちゃしているのは嫌いだから

セーターにスカートだけだから大丈夫などと安心することはできません。

セーター、スカートはそれぞれどんなイメージで、

靴やバッグ、腕時計のイメージはどうですか?

また、ヘアースタイルやお顔立ちはどうですか?

人は、全体を見ています。

いくら一つ一つが高額で素敵な物であっても

全体として素敵でなければ意味がないですね。


ご相談ご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お申込み・お問い合わせ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事